オルニチンの非アルコール性脂肪肝炎への作用

肝臓の話題となるとお酒が飲めない方は自分は飲めないから大丈夫なんて言う方がいらっしゃるかもしれませんが、実はお酒が飲めない方も関係しています。
むしろお酒が飲めなかったりほとんど飲まないという方でも肝臓の重い疾患を引き起こしてしまう恐れは十分にあり、それが非アルコール性脂肪肝炎になります。

 

この非アルコール性脂肪肝炎に関して症状としてはアルコール性肝炎と同じような状態であり、飲酒が原因だと言われる可能性もあります。ただ、飲酒をまったくしていなくても発症してしまう脂肪肝であるということを覚えておきましょう。

 

日本でも1000万人が予備軍としているとされている病気であり、脂肪肝の状態なら食い止めることが可能ですが、肝硬変や癌などの重い疾患に変化する危険性が高いので自分の状態をしってとにかく早めに改善の努力をする必要があります。お酒を飲んだことがないという場合でも注意しておきましょう。

 

この非アルコール性脂肪肝炎に関してオルニチンが効果を発揮するかは動物実験の段階ではありますが効果があると期待されています。オルニチンを摂取することにより脂質代謝が促されて、肝臓で処理できない中性脂肪が減少して、脂肪を蓄積せずに澄むようになります。人間に同じ効果があるのかどうかはまだ不明ですが期待はできるでしょう。

 

さらのオルニチンが肝臓に成分だということは明らかなので、とにかく日頃から肝臓が悪くなくても食生活に取り入れるということが必要になります。オルニチンの研究は進行していて、アンモニアやアルコールを解毒する度に肝細胞が死滅して数が減少するという結果もあります。