オルニチンサイクルが疲労回復に

肝臓というのは生きていく上で非常に重要な臓器であり、元気を支えることは理解していると思います。さらに、この肝臓の重要な役割として解毒作用がありますが、それにオルニチンが非常に深く関わっています。
つまり、オルニチンによって疲労回復してくれるということになります。この生命維持に関わるオルニチンサイクルについて少し説明します。

 

このオルニチンサイクルとはそもそも何かというと解毒の仕組みになっています。
美容ではデトックスなんて言葉を聞いたことがあるとは思いますが、これは体内の老廃物を排出することであり、非常に重要であるということがわかると思います。
ただ、その前に老廃物と必要な成分と分ける必要があります。

 

オルニチンサイクルというのはこの老廃物の排出の手前、つまり老廃物と必要な成分にわける段階であり非常に重要であるといえます。そして何を分けるのかというと、アンモニアを排出するためのサイクルであり、そもそもどうしてアンモニアが体内に発生するのかというと、激しい運動をしてアミノ酸代謝をしたりする際に生まれてしまいます。
また、これが体内に残ると生命にも関わるくらい強い毒素があります。

 

オルニチンがどういう風に作用するのかというと、肝臓の中で化学反応を引き起こして尿素という無毒な物質と水に分解され、この反応によって無毒なゴミとして体外へ捨てられるという状態になります。
アンモニアに関して、エネルギー生成を妨げるので絶対にすててはいけません。
オルニチンが働くことで始めてエネルギーを作り出して疲労が回復するということになります。これがオルニチンサイクルの流れだということを覚えておきましょう。